KOCHI BACH KANTATEN VEREIN

― 高知バッハカンタータフェライン ―

Home    About Us     Profile     History    Concert     Links     Contact Us

高知バッハカンタータフェラインは1997年4月、小原浄二氏(高知大学助教授【当時、現教授】)の呼びかけにより、

J.S.バッハを中心とするバロック及び古典の声楽作品を研究・演奏する団体として発足しました。

メンバーは合唱経験も年齢も多種多様ですが、小原氏の指導のもと心を一つに練習に励んでいます。



1998年3月の第1回演奏会以来、毎年春に演奏会を開催。

バッハのカンタータ・ヨハネ受難曲・モテット、モンテヴェルディやシュッツ、ヘンデル等の

作品を取り上げ、意欲的な活動を行っています。



2002年にはドイツから初来日したライプツィヒ・バロック・オーケストラと共演し、

コンサートマスターより「光を放つような素晴らしい合唱」と高い評価を得ました。



また、その縁から2004年夏にはドイツ演奏旅行を果たし

アイゼナハ・アイスレーベン・ライプツィヒなどバッハゆかりの地で演奏会に出演

その暖かい音色と確かな表現力は現地でも絶賛されました。



ドイツへは、その後、2008年(第2回)・2012年(第3回)・

2016年(第4回)と訪問を重ね、

演奏会はいずれも好評を博し、聴衆より「これまで経験したバッハ演奏の中で、最も心に響くものだった」

「ドイツ人でも難しいテキストの発音が完璧だった」などの賞賛を得ました。



近年は、バッハの作品を地元の教会でも響かせたいという想いから、

高知市内のカトリック中島町教会、日本福音宣教会高知西福音教会、清和女子中高等学校、

日本基督教団高知教会、日本基督教団土佐教会などで

コンサートを行うなど、活動は広がりを見せています。



----------------------------------------------------------------------------------------------------------

【練習日時】
毎週月曜19時〜21時、毎月第2土曜15時〜17時
(練習開始1時間前から各パート別練習が行われます)
※夏合宿や、演奏会前の強化練習も有ります


【練習場所】
高知大学教育学部音楽棟内ホール
地図(地図上9番の建物)




About Us

― 当団体について ―